Flagio is the Osaka-based contrabass artist and composer Tetsuro Hori.
Using the contrabass and digital and analog effects, he creates lyrical and hypnotic soundscapes that straddle the genres of ambient, electronic, and post-classical music.

At the age of 14, he began to play the contrabass and eventually started performing with classical orchestras in Osaka.
His interests later shifted, and he became a member of several bands playing post-rock, jazz, dub, and acoustic music.
He began his solo project Flagio in 2017.

He frequently performs in Japan with both local and international musicians and dancers, and performs in some countries in Asia and Europe.

 

大阪を拠点に活動するコントラバス奏者。
14才でコントラバスを始めオーケストラで活動した後、ジャズ/ポスト・ロックなどさまざまな音楽でも活動し、2017年からFlagio名義でソロ演奏を開始。
クラシック奏法による深いコントラバスの音色にエフェクトを幾重にも重ね、クラシック/アンビエント/エレクトロニカ/ダブを内包した抒情的で壮大な音響空間を創り出している。

国内・海外の即興演奏家やダンサーとの共演を重ねると同時に、ヨーロッパ・アジアの音楽イベント/フェスティバルに出演するなど海外でも演奏活動を行っている。

2019年アルバム”Uta”リリース。